ジルコニアクラウンと義歯

強く、美しく、しなやかに。
人工関節に早くから使われているジルコニアはカラダにも刺激が少なく、強い強度をもった素材です。

コーピングをジルコニアブロックから削り出し、 ジルコニア専用陶材で接着したのがオールセラミッククラウンです。

・強度

破折が難しいのは応力誘起相変態によるためで、曲げ強度が1155MPa~1400MPaと強い素材がジルコニアです。

※わずかにひびが入ると、その表面の結晶の膨張によって、そのひびがより進行しないようにする働きが、ジルコニアにあります。

・優しい

カラダに対し刺激が少なくなじみやすい、金属アレルギーの心配のない素材。
金合金と比べ材料コストが低いうえに、貴金属の1/3と比重が軽いのが特徴。

・美しい

ある程度の透過性を持ち、土台である歯の色目に左右されにくい美しい歯。ブラックマージン、メタルタトゥーが起こらない。
(コーピング色調調整はカラーリングリキッドやライナーにより可能となる)

・インプラント上部構造への適応も可能
ジルコニアはセラミックでメタルアチーチファクトが発生しないので、CTを撮ったときの影響を最小にすることができ、ジルコニアクラウンを各種インプラント上部構造に作ることができます。

適用
・審美姓に優れたクラウンでジルコニアを使用します。
・歯肉の黒ずみ・変色は金属を使用しないことでおこりません。
・CAD/CAMでの作成で、適合に大変安定が得られます。
・ジルコニアからブロックを削って作りますから、金属を使用せずロングブリッジに対応することができます。(最大5本まで)
・ インプラント上部構造に最適で、比重が貴金属の1/3と軽く、鋳造歪を起こしません。

仮歯を入れてみると、外見が気にならなくて、食事や会話にも困ることがありません。そして仮歯がある事によって、まだ処置中の歯が欠けたり、歯列が乱れてしまったりする事はないのです。
プロによる歯のクリーニングは、歯周病の大元となる菌を殖えるのを予防する効果のある処置であると、科学で証明されており、ただなんとなく気持ちよいだけではないと考えられています。
大人と同じで、子供にできる口角炎もさまざまな誘発事項があります。なかでも目立つきかっけは、食べ物の好き嫌いによるものと菌によるものになっています。
口の臭いを抑制する効き目のある飲物として、コーヒーの名前があげられますが、大量に飲みすぎると口内の水分がパサパサに乾燥し、逆に嫌な口臭の要因となってしまうのです。
歯周組織回復のために、エムドゲインは格段に効果的な手段ですが、遺憾なことに、確実に再生の効き目を掴めるとも言い切れないのです。

例えば噛み合わせの問題の中でも殊に前歯がよく当たるような症例では、歯を噛み合わせるたびに強い刺激が、上の顎の骨の前や鼻骨などに集中します。
歯のかみ合わせの悪さは、辛い顎関節症の要因のひとつではあるけれど、それ以外にも病根が確かにあると言われるように変わってきました。
歯の手入れは、美容歯科分野での治療が終わり理想通りの出来にはなったとしても、手を抜かずに続行しないと治療を始める前の状態に逆戻りしてしまいます。
審美の側面からも仮歯は有効なアイテムです。両方の目をまっすぐにつなげる直線と前歯の先の部分が直線でないと、まるで顔全体が曲がっているようなイメージになります。
虫歯の発端は、ミュータンス菌という名前の大元の菌の感染なのです。口のなかにムシ歯菌が感染してしまったら、それを100%取り去る事はこの上なく手を焼くことなのです。

ビオラ社のエムドゲイン誘導剤を歯周外科の治療時に患部に塗布すると、初めて歯が生えてきた時の具合と等しく、がっちりと接着する歯周再生を活性化することが不可能ではありません。
私達の歯牙の表層を覆っているエナメル質の真下の部分から、口腔環境を示す酸性度が低くなりペーハー(PH)の値が5.5から5.7より低い値になると、歯を形作る重要な要素であるリンやカルシウムが溶けて消えてしまいます。
審美歯科の治療で、汎用のセラミックを使うシチュエーションには、例えば差し歯の入替などが処置法としてありますが、詰物等にも普通セラミックを使用することができるとのことです。
甘いもの等を摂取しすぎたり、歯ブラシでのブラッシングをいい加減にすると、歯周病の元となる菌が増えてしまい、プラークが蔓延してしまい、最終的には歯肉炎ができてしまうのです。
歯が美しくなる事を焦点に置いているため、咬みあわせのことを二の次にしてしまっている場面が、いっぱい届けられているのです。